2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« エルプス 桜花賞馬らしい85年桜花賞馬 | トップページ | 93年クラシック ナリタタイシン、ウイニングチケット、ビワハヤヒデ、新時代の幕を開けて力尽きた3強 »

88年牝馬クラシック アラホウトク、コスモドリーム 父内国産百花繚乱

88ouk01 App4293 App4294

アラホウトクは、トウショウボーイの産駒です。このころに

なるとトウショウボーイの産駒は良血とされるほど、活躍が

目立ってきました。その中での当たり前のような桜花賞勝ち

でした。河内騎手アラホウトク1着、武豊騎手ショノロマン2着

の兄弟弟子の決着でした。シヨノロマンはタイテイムの産駒

です。武騎手は87年デビューではじめてクラシックで連がら

みしたのがこのレースです。

App3229 App3232 App3231

(89年宝塚記念)

続くオークスは、コスモドリームの優勝、全くの人気薄でした

テレビのアナウンサーが名前を間違えて、一体何が勝った

のか分かりませんでしたが、強い勝ち方でした。とても堂々

とした馬で野武士のような雰囲気が牝馬なのにあったのを

思い出します。彼女はブゼンダイオーの産駒でヒンドスタン

系です。たぶん当て馬的な馬でしたが、少ない機会で見事に

クラシック勝ち馬を出しました。

App4289

(桜花賞で3番人気のシノクロスはシービークロス産駒、

2歳時に重賞2勝)

このころは、第一次父内国産馬ブームといっても良いくらいに

当たり前のようにマル父が走っていました。牝馬戦線は特に

それを色濃く出していました。

« エルプス 桜花賞馬らしい85年桜花賞馬 | トップページ | 93年クラシック ナリタタイシン、ウイニングチケット、ビワハヤヒデ、新時代の幕を開けて力尽きた3強 »

血統的必然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« エルプス 桜花賞馬らしい85年桜花賞馬 | トップページ | 93年クラシック ナリタタイシン、ウイニングチケット、ビワハヤヒデ、新時代の幕を開けて力尽きた3強 »