2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« ミホノブルボン 時代を開いた力 92年皐月賞、ダービー勝馬、菊花賞2着 | トップページ | 毎日杯 静かな闘志 ディープスカイ1着 »

ライスシャワー 92年菊花賞93年95年天皇賞春勝馬 静かで、燃えていて、刺激的で、かなしくて

App14073

(92年菊花賞1着、2着7ミホノブルボン)

92kysrs1

(京都新聞杯)

ダービー2着といってもミホノブルボンの4馬身差、夏を越えて叩き良化タイプだとしても、菊花賞トライアルの京都新聞杯をまた楽勝されて、まだ半信半疑だった父リアルシャダイを配した日本の長距離クラシック血統にしか、活路を見い出せない状況でしたが、本番の菊花賞では中距離ほど苦労せずについてまわり直線早めにとらえて後は抜かせず、凌ぎきってミホノブルボンの無敗の三冠を阻止してしまいました。

App4077 App4078 App4076 App4079 App14074

(92年菊花賞)

次の年93年の春までがこの馬の絶頂期で、日経賞を難なく勝利、次の春の天皇賞では、このレース3連覇を掛けたメジロマックイーンをこれも菊花賞のように早めにならんで、突き放して勝っています。

App3729

App3735

93tsrs01 93tsrs02 93tsrs04 App3741 93ts02 93ts01 93ts03 93tsrs05

(93年天皇賞春1着、2着メジロマックイーン)

しかしこの激走でこれで輝きはどこかに去ってしまいました。

天皇賞の時、静かな周回の中で見せていた燃えるような目も、そして、音が全くしない、空中をまるで浮いているような無限の可能性を感じる返し馬のキャンターも。。全て消えて無くなりました。

95kykrs2 95kykrs1 95kykrs3

上の写真は95年京都記念のもの。60㎏の斤量を背負い、惨敗します。この後、日経賞を使います。

震災のため代替京都での阪神大賞典を大楽勝して、大本命だったナリタブライアンが故障をしてにわかに群雄割拠の宝くじ的な春の天皇賞になります。結果はリアルシャダイが産駒が3着までを独占します。その先頭にいました。

その次は、悲劇でした。。。なにか若いときに失敗したのを急に思い出して叫びたくなるように今も胸が痛いです。

« ミホノブルボン 時代を開いた力 92年皐月賞、ダービー勝馬、菊花賞2着 | トップページ | 毎日杯 静かな闘志 ディープスカイ1着 »

すばらしき名馬達 90~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミホノブルボン 時代を開いた力 92年皐月賞、ダービー勝馬、菊花賞2着 | トップページ | 毎日杯 静かな闘志 ディープスカイ1着 »