2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« アグネスフローラ 90年桜花賞 ブリリアントフィリー!グレイトマザー! | トップページ | イナリワン 89年天皇賞春、宝塚記念、有馬記念勝馬 敵役は強くて男らしい方が良い! »

91年桜花賞 前評判は「史上最高の桜花賞。」シスタートウショウ、イソノルーブル、ノーザンドライバー、スカーレットブーケ、ミルフォードスルー、リンデンリリー

App4220

91年桜花賞は阪神競馬場が改装のため京都での桜花賞。ゲーム的要素が含まれている阪神よりも、公平なレースが行われることへの期待、そして何より京都の方が桜が綺麗なことでいつもの年より心が弾んでいるところへ、他の年なら、間違いなく一番人気で桜花賞を勝ち負けするだろうなと思われる馬が群雄割拠していて誰が言い始めたのかわからないけれど、「史上最高の桜花賞」として認識されていきました。

App4227

App4226_2

App4216 App4213

App2664 App2665

App2668

(3才牝馬S、桜花賞、女王杯)

一番人気は、イソノルーブル、12月の京都での牝馬ステークス(ラジオ日経賞の前身)をスカーレットブーケ以下に当時2才としては破格の時計で楽勝します。

3月中京で1200の桜トライアルも圧勝して本番に挑みますが、桜花賞レース前に落鉄し、暴れるため、ゲート前で鉄を打ち替えられず5着に惨敗してしまいます。

(その後オークスでは、素晴らしい粘り腰で無念を晴らします。)

91d3nd4 91d3nd5 91d3nd3

91d3nd6 91d3nd7

App4215

(デイリー杯、桜花賞)

2番人気はノーザンドライバー、牡馬に混じって2歳の時から走り、デイリー杯を完勝、トライアルとして使った中京の1700のペガサスSを楽勝し、ノーザンテーストの傑作として、私はこの馬が勝つものと見ていましたがパドックから猛烈な入れ込みにより消耗し、大外枠からのレースなのに、少し制御が効かずギクシャクしたレースになり、チャンスを自ら逃した形で敗れます。

App2641 App2640 App2642 App2645

App3721

(チューリップ賞、桜花賞)

シスタートウショウは、3月の中京のチューリップ賞で強い競馬をします。例年なら彼女が大本命になるはずですが、4番人気でした。

3才になってから露出してきたため他の馬より認知度が少ないこと、母父ダンディルートでしたから、1段ランクが上がった時にどうなのかなと考える人が意外と多かったようです。

レースは鮮やかな圧勝でした。早めに先頭にたって稍重を1分33秒8で押し切っています。

91d3ms1 91d3sb3

(デイリー杯)

ミルフォードスルーは、北海道で活躍して、1月にシンザン記念すら勝ちますが、それでも他の馬たちよりは、見劣りがする感じがしました。大きな馬でした。

App3239

App2644_2

(3才牝馬S、チューリップ賞)

スカーレットブーケは、ずっと堅実な馬でした武騎手が乗って人気があり、桜花賞ではシスタートウショウを押さえて3番人気になっています。

App2649

タニノクリスタル、アネモネSを勝って桜花賞へ小さな馬でカッカしており、これも見劣りしました。(↑チューリップ賞)

App2669

リンデンリリー、エリザベス女王杯勝馬、女王杯の返し馬)

これだけのメンバーが揃っていたのですから、秋以降も他の世代を押さえて、最強世代として君臨したのかというと、秋には、スカーレットブーケが生き残っていただけ、女王杯にイソノルーブルも出てきただけの惨敗、その後もスカーレットブーケが活躍しただけでエリザベス女王杯を勝ったリンデンリリーさえどこかに行ってしまって、2年後には何も残っていない年代になりました。

その後スカーレットブーケがダイワ兄妹を、タニノクリスタルがタニノギムレットをだして世代のレベルの高さを証明してくれましたが。。。

« アグネスフローラ 90年桜花賞 ブリリアントフィリー!グレイトマザー! | トップページ | イナリワン 89年天皇賞春、宝塚記念、有馬記念勝馬 敵役は強くて男らしい方が良い! »

すばらしいレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アグネスフローラ 90年桜花賞 ブリリアントフィリー!グレイトマザー! | トップページ | イナリワン 89年天皇賞春、宝塚記念、有馬記念勝馬 敵役は強くて男らしい方が良い! »