2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« マックスビューティ 87年桜花賞、オークス勝馬そして女王杯は2着 | トップページ | シャダイカグラと89年牝馬クラシック 桜花賞馬は波瀾万丈 »

スズパレード 87年宝塚記念勝馬 消された名馬

App3969

(87年宝塚記念 レース写真は残念なことにピンぼけです。。。)

次世代の最強馬であるサクラユタカオーに勝ち、ニッポーテイオーに勝ち、宝塚記念に優勝、ダービーは3着の馬が、なぜ語られないのでしょう。。。

App2482

App2473

(85年天皇賞秋)

ルドルフ世代でダービーに3着、古馬になって85年暮れの中山開催の第1週で、1600のダービー卿CTで3才のサクラユタカオーに3㎏斤量をやって圧勝し、87年には、4才のニッポーテイオーを宝塚記念で外から差して勝ちました。同じように88年のタマモクロスが宝塚記念でニッポーテイオーに勝ったので彼はそれと同等程度のパフォーマンスを演じたことになり、その能力は相当であったと思います。

App3973 App3236

(87年宝塚記念)

3才のクラシック路線はルドルフ、ビゼンニシキと同期の関東所属であり、また故障がちで古馬になってからは、1年まともに働けたことがなかったので露出という点では少なかったですが、強い馬でした。

目立たなかった原因の一つは、2年連続三冠馬がでたお陰で比較というより、派手なレースをするシービーの方に人気が集まり、皮肉なことにその頃どん底人気なので、競馬サークル内では、受けが良い方、売れる方の机上の優位論がまかり通ったため、ルドルフを下にしてしまって、それを正論としてしまいました。

そのルドルフに持ったまま負けた馬の評価があるわけもなく、取り上げもされなかったのです。人気が出るわけがありません。産駒も走らなかったですが、種牡馬生活にもこの件は相当応えていたのでないでしょうか。

1頭から2頭走る牝馬がでていれば、どこかにまだ牝馬の方の血統表の中で彼の名前を思い出せたはずですが。

Sp2 Sp1 Sp3

(88年JC)

イギリスで、グランディ、トロイ、シャーガーのダービー馬等ペティンゴ等を介したフェアウェイ系が70年中頃から復権しました。

また、ペティンゴからは、マイルでもG1勝馬が出ていましたので、スピードもあると思われて、にわかにこの系統が輸入され英国リーディングを争っていたピットカーンさえも輸入されました。

スズパレードの父となるソルティンゴは社台に買われて日本にやってきました。

馬場の固いイタリアダービーの勝ち馬でしたがスズパレード以外の産駒はサッパリでした。

ペティンゴ系は輸入はされたものの、英国本格重厚血統は華が咲かずに終わっています。

« マックスビューティ 87年桜花賞、オークス勝馬そして女王杯は2着 | トップページ | シャダイカグラと89年牝馬クラシック 桜花賞馬は波瀾万丈 »

すばらしき名馬達 80~」カテゴリの記事

コメント

'87宝塚はYouTubeに映像がありますね。昔のファンファーレも聞けます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スズパレード 87年宝塚記念勝馬 消された名馬:

« マックスビューティ 87年桜花賞、オークス勝馬そして女王杯は2着 | トップページ | シャダイカグラと89年牝馬クラシック 桜花賞馬は波瀾万丈 »