2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« ハギノトップレディ、ハギノカムイオー、ダイイチルビー「華麗なる一族」 | トップページ | テンポイントの影を求めて ワカテンザン、ワカオライデン、フジヤマケンザン、キングスポイント »

マルゼンスキーへのオマージュ(彼の産駒たち) 「ホリスキー、スズカコバン、サクラトウコウ,サクラチヨノオー、ネーハイシーザー」

82kiku01 82kiku02 82kiku04

(82年菊花賞ホリスキー、途中の写真も菊花賞)

朝日杯のレコードは、マークされてから何度も馬場改修が

行われ、そしてあのグラスワンダーが出現するまで破られ

ませんでした。夏の札幌の短距離Sでは、使うはずのトウ

ショウボーイはなぜか出走を見合わせ、そして大楽勝。

2着馬のヒシスピードは最後脚が上がらなくなり歩いてい

ました。その前走の短波賞では、3コーナー手前で馬が

勘違いし、一度レースを投げ出してプレストウコウに並ばれ

たもののそこから1秒楽に突き放してみたりと、とにかく

マルゼンスキーには、強烈な威圧感とともに記録に残して

おくより鮮明に記憶に残っているレースがたくさんあり

ます。ディープが先頭でレースをして、そこからあの末脚

をレース中ずっと繰り出している感じとでも言ったら良いで

しょうか。ウルトラインパクトな馬でした。

App3256

当時はTTG人気で盛り上がり、最後のテンポイント、トウ

ショウボーイの対戦で盛り上がりを見せていた77年有馬記

念は、短波放送が追い切りの模様を中継する熱の入れよう

で私はラジオに囓りついていたのですが、そこへ「マルゼン

スキーが追い切りを行いました。」とのアナウンスがあり、

すっかり対決に酔う気分はなくなった思い出があります。

最後の対決が2着争いになる可能性が出たためです。

とにかく、当時、アイドルだったテンポイントの追い切り

のこともそっちのけで、マルゼンスキーが脚の状態は思わ

しくないけれど追い切りをかけてみて、それで小康状態で

あったなら使いたいとの意思があることを表明していると

の事でしたが、申し訳ないけれど出てきてくれないことを

祈る以外他にありませんでした。やはり追い切りの負荷の

ために故障箇所が悪化しそのまま引退となっています。

そのため結果は歴史的なマッチレースの有馬記念になりま

した。TTGが4着であったプレストウコウとの差は丁度

1秒差。プレストウコウはとにかく秋に充実して馬が別馬

になったくらい成長した馬ですから、比較はできないし、

短波杯では、彼の方がマルゼンスキーより、外を回って

いましたので、その時の着差との比較もできないけれど

種牡馬としての成績や、母父としての影響力を考えると、

やはりTTGと同等の力は少なくともあったのかなと思い

ます。

83tsas03

83tshs02

(83年天皇賞春)

産駒として迫力が伝わったのは、ホリスキーだと思います。

菊花賞は、直線だけぶっ放して決着をつけました。後は

故障がちだったのが悔やまれます。菅原騎手の腕っ節が

似合う馬でした。

App4167

App3242

(84年天皇賞春ホリスキー↑)

83kyssk2 83kyssk1

(83年京都新聞杯)

App2402

(85年天皇賞春)

85年宝塚記念の勝馬スズカコバンです。もう一歩足りない

堅実な馬でしたが、黒光りする好馬体の迫力は、マルゼンス

キーの名前を定着させたと思います。

App2558

(84年菊花賞)

サクラトウコウは、圧倒的なスピードを持っていましたが

2才秋始めくらいに故障してしまい、成長期を棒に降りま

した。ルドルフ世代だけにこれは痛手でした。しかし94年

天皇賞秋を制したネーハイシーザーを出しています。

App4160

ネーハイシーザーは、マルゼンスキーらしいスピードを

持ってました。(93年菊花賞↑)

App3222 App3230 App3225

サクラチヨノオーは88年ダービーを勝ちました。朝日杯の

勝ち馬でもあり、センスが良い馬でした。ダービー後故障し

再起後が振るいませんでした。(89年宝塚記念↑)

App2632 App4211 App2634 App4207

(91年菊花賞)

91年レオダーバンはダービーの2着後、菊花賞に勝ち

ました。岡部騎手がマルゼンスキー独特の狂気を上手く

コントロールして、それを最後の爆発的な末脚に変えて

いた感じがします。

« ハギノトップレディ、ハギノカムイオー、ダイイチルビー「華麗なる一族」 | トップページ | テンポイントの影を求めて ワカテンザン、ワカオライデン、フジヤマケンザン、キングスポイント »

血統的必然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハギノトップレディ、ハギノカムイオー、ダイイチルビー「華麗なる一族」 | トップページ | テンポイントの影を求めて ワカテンザン、ワカオライデン、フジヤマケンザン、キングスポイント »