2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« トウカイテイオー その2 92年サンケイ大阪杯 終わらない季節 | トップページ | 82年牝馬クラシック  リーゼングロス、メジロカーラ、ヤマノシラギク »

ビクトリアクラウン永遠の「幻の三冠牝馬」 82年エリザベス女王杯

App2744

82年牝馬クラシックが始まるまで絶対と言われていた存在でした。しかし、それを前に故障します。

いまでも春先に故障した牝馬が、復活して秋に大きなレースを勝つことは少し困難さが付いてきますけれど、この時代はまだ育成という分野がボンヤリしていた時代で、(なにしろ秋にトレセンで乗り慣らしをしている光景が見られる時代でしたので)3才の自然な成長の方が上回っていて、故障した馬はそのブランク分だけ以上に割を食う時代でしたから、春に故障して長期離れた馬が秋に復帰して、順調に成長した馬を相手に秋のシーズンにトップの座に戻ることは物理的に無理に近い時代でした。

App4153

京都大賞典を3才牝馬ながら勝ったメジロカーラ、ミスラディカル、この後古馬重賞で走り続けたヤマノシラギクなどこの年の牝馬はレベルが高かったのですが、付け入る隙も与えずにエリザベス女王杯(3才のみ)を楽勝しています。

App2746 App2747

名馬ラインゴールドを出しテスコボーイと同じプリンスリーギフト系であることで期待されたファバージの代表産駒と言えると思いますが、大きくて、存在感があり、綺麗な馬でした。日本古来の母系でもあり、これからの発展を祈りたいと思います。

« トウカイテイオー その2 92年サンケイ大阪杯 終わらない季節 | トップページ | 82年牝馬クラシック  リーゼングロス、メジロカーラ、ヤマノシラギク »

すばらしき名馬達 80~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« トウカイテイオー その2 92年サンケイ大阪杯 終わらない季節 | トップページ | 82年牝馬クラシック  リーゼングロス、メジロカーラ、ヤマノシラギク »