2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« メジロマックイーンMeijro Mcqueen 「その3 完成編」 | トップページ | サンエイソロン  81年トライアル3冠  »

ヴェルザンディ 2勝目「急がばまわれ」1月19日京都

Img_15395 Img_15397

ヴェルザンディが2勝目をあげました。1月までで2勝と一応クラシックの権利も半分くらい手に入れた感じです。

それにしても京都の特に内回りのマイルにはタキオン産駒との相性が抜群です。

次いで京都の1400内まわり、次いで外回りの1600か阪神のマイルでしょうから暫く安定した力を出せそうです。

Img_14588 Img_14569

見ているとタキオン産駒は長距離遠征が少し苦手なようで。

それをわかってか社台のクラブの有力タキオン産駒の男馬は関東に所属ケースが若干増えています。

たしかに鮮やかな勝ち方をすると少し楽な感じのする関東のレースで2勝目を狙いにいきたいとの胸算用はわかりますが輸送が影響し、愛馬のプレサンティールのように惨敗し、故障してしまうなんてこともありますし、関東のレースを混ぜて使われたクラシック期待の高額馬達がいまだに500万すら勝てない状況が続いたりもしています。

逆に結局、3才の12月まで関東への輸送を経験しなかったスカーレットが大成したりもしています。

Img_15360 Img_14602

関東への輸送で男馬相手とはいえリトルアマポーラが負け、今後のレースへの影響が出てくるでしょうから、これで牝馬クラシックは混戦状態に戻ってきたのかもしれません。

そういう意味では得意なコースで使われて楽に2勝目、経験済みの阪神でトライアルを使って本番へと、急がばまわれのこの良血馬に確実にチャンスが回ってきたと思います。タキオン産駒の象徴であるメンコをつけていないのも逆に好感です。

Img_15451

« メジロマックイーンMeijro Mcqueen 「その3 完成編」 | トップページ | サンエイソロン  81年トライアル3冠  »

タキオンマニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴェルザンディ 2勝目「急がばまわれ」1月19日京都:

« メジロマックイーンMeijro Mcqueen 「その3 完成編」 | トップページ | サンエイソロン  81年トライアル3冠  »