2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« モノクロの中の名馬たちカツラノハイセイコ、ニチドウアラシ、メジロファントム、ノースガスト、ハシクランツ、オオシマスズラン | トップページ | 88年ジャパンカップ 名馬はおどらず、トニービン、タマモクロス、オグリキャップ »

モノクロの中の名馬 キングスポイント

App3931

モノクロの写真は、ネットで調べたところ、81年1月の障害オープンの写真になります。

1月で雨が激しかった以外なにも記憶はありませんが。キングスポイントは、テンポイントの弟として期待はされましたが見るからにノホホンとした大きな馬で、流星もなく、平地での成績も1勝と振るわず、どうなるかと思いましたが、障害になって2連勝し、初めてオープンがこのレースでした。その後中山大障害、京都大障害などにも優勝しました。

最後は悲しい結果とはなりましたが名障害馬でした。

App3927 App3930 App3928

たしかまだ障害が上手く飛べなくて、急に何カ所か下手になる飛越があり、3連勝はしてもその春に障害が難しい中山に行けるほどではなかったと記憶しています。

82kydkp03

カラーの方は、障害で勝ち星を重ねて、大きなレース以外では斤量が重くなり過ぎるため、秋の障害の大きいレースの前哨戦として82年の京都大賞典を使ったときのもの。

鞍上は障害では後のダービーJの小島騎手ですが、なぜか平地ということで鹿戸騎手です。

82kydkp04 82kydkp01

82kydkp02

« モノクロの中の名馬たちカツラノハイセイコ、ニチドウアラシ、メジロファントム、ノースガスト、ハシクランツ、オオシマスズラン | トップページ | 88年ジャパンカップ 名馬はおどらず、トニービン、タマモクロス、オグリキャップ »

素晴らしき名馬たち」カテゴリの記事

コメント

貴重なお写真を見せて頂き、ありがとうございいました。
思い入れが色々あって言葉になりません。

厩務員さんは山田さんですね。
テンポイントのときはオレンジ色の「ワタリ」。弟の時は「青」だったんですね。
愛情を感じました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モノクロの中の名馬 キングスポイント:

« モノクロの中の名馬たちカツラノハイセイコ、ニチドウアラシ、メジロファントム、ノースガスト、ハシクランツ、オオシマスズラン | トップページ | 88年ジャパンカップ 名馬はおどらず、トニービン、タマモクロス、オグリキャップ »