2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« サンエイソロン  81年トライアル3冠  | トップページ | 91年ジャパンカップ公開調教 ゴールデンフェザント、マジックナイト、ドラムタップス、ジャフツベリーアヴェニューなど »

ビゼンニシキ 自由に飛べなかったけれど

App4059_3

App4056_3   

84年2月の共同通信杯を大楽勝したとき、名馬の予感を感じたのです。まさに飛んでいる感じがしました。それをしのぐルドルフがいなければ史上最高の皐月賞馬だったはずです。

App4058

App4061

84年からマイル路線が確立されたこともあり、血統的なことあってか、マイルCSを秋の目標として、トライアルのスワンSを使いました。

今なら春の成績からは、迷わず秋の天皇賞にいくでしょうが、10月末に古馬に勝てるわけがないが当時の常識でしたので、王道の距離を避けて、当時手薄感のあったマイル路線の方に照準をあわせた感もありました。

スワンSのパドックで見ていても今ひとつかなと思えたので、春の疲労が残っているのかなと見ていた記憶があります。

App4066

「休養明けで馬体重が減っている馬は故障する可能性がある、だから写真をとっとかなあかん。」と仲間が言うので、私も撮っていましたが、案の定レース中に故障してしまいました。(写真は全て84年4スワンS)

App4060

« サンエイソロン  81年トライアル3冠  | トップページ | 91年ジャパンカップ公開調教 ゴールデンフェザント、マジックナイト、ドラムタップス、ジャフツベリーアヴェニューなど »

すばらしき名馬達 80~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビゼンニシキ 自由に飛べなかったけれど:

« サンエイソロン  81年トライアル3冠  | トップページ | 91年ジャパンカップ公開調教 ゴールデンフェザント、マジックナイト、ドラムタップス、ジャフツベリーアヴェニューなど »