2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« ヒカリデュール 82年有馬記念勝ち馬 野武士の一分 | トップページ | ミホシンザン 85年菊花賞 87年天皇賞春 伝わるべき気骨 »

シンボリルドルフSyimboli Rudolf 85年第5回ジャパンカップ「たかをくくろうか」

App2330_2 

第5回については、シンボリルドルフの項にも詳細がありますので、それもあわせて見てください。

朝からの大雨で暗い日だったのですが、勝ってくれてホッとして、なんかジンワリ喜びが湧いてきたレースでした。

App234890_2

イギリスの競馬月刊誌をこのころ一番安い船便で購読していたのですが、2年連続の日本馬の勝利に段々扱いが小さくなって。「日本でトレーニングされた馬が勝った」という題名で記事は書かれており、日本の馬だけれど血統は全て輸入されたものであるとの意味で半分負け惜しみでしょうが書かれていました。いまだにこの状態は続いていますが。

App2346

それにしてもルドルフは運が強いのか弱いのか、無敗の三冠馬なのに前年に三冠馬がいて、たいした騒ぎにならないし、JCもいまいちのメンバーで、遊びながら完璧に勝っているのに後々まで語られないし、シービーの方が人気が高くて、シービーを肯定するために面白くないとか言われ、作られたもののように語られてしまうし、最高のものにたいして勿体ないことしていたなと。

App2367

ナッシポア↑ 85ロスマンズ国際(北米G1)の勝ち馬

App2366 App2356

セントヒラリオン 85イタリアジョッキークラブ大賞G1勝ち馬で、条件戦ながら72キロを背負い12馬身勝ちがある。凄く立派でカッコの良い馬でした。

App2355

ゴールドアンドアイボリー 85バーデン大賞を含むG1を3勝している。これも輝いて元気でした。

App2360

ザフィルバート 85年主要な南半球のレースですべて入着していて活気のある雰囲気の持ち主でした。

App2362 App2349

バリトゥ フランスのステイヤー、85カドラン賞勝ち馬

App2345 App2337 App2350

App2351 App2327

ありがとうルドルフ!

« ヒカリデュール 82年有馬記念勝ち馬 野武士の一分 | トップページ | ミホシンザン 85年菊花賞 87年天皇賞春 伝わるべき気骨 »

ジャパンカップ(80年代)」カテゴリの記事

コメント

いつも素晴らしい写真をありがとうございます。
自分にも思い入れのある馬達が多く、毎回、楽しませていたていております。

ルドルフについては、意図的にその評価を貶めたいと考える人たちが居るように感じてしまいます。

自分も一言、「ありかとう、ルドルフ」と言いたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ヒカリデュール 82年有馬記念勝ち馬 野武士の一分 | トップページ | ミホシンザン 85年菊花賞 87年天皇賞春 伝わるべき気骨 »