2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« カツラギエース 84年 第4回ジャパンカップ 大逆転という能力開花 | トップページ | 91年ラジオたんぱ杯3才S ノーザンコンダクト  »

シャダイソフィアとダイナカール (83年牝馬クラシック)

App0342_2

82年阪神3才S↑

83年の牝馬クラシックは、同じ社台ファームのノーザンテースト産駒のシャダイソフィアとダイナカールが主役でした。

シャダイソフィアは82年函館3歳Sを勝ち、勝ち方の鮮やかさや彼女の血統背景から早くからクラシック主役候補となりましたが、非常に入れ込む性格のため、輸送で大きなマイナスがあるだろうと予想ができました。

83otss01

83年桜花賞TR↑

普通そうだと京都のレースを重点にトライアルまでは選ぶところを輸送に慣らせるため、阪神3歳S、桜花賞TRと負け続けましたが、わざと阪神でのレースを選んで桜花賞が阪神への輸送が3度目となるようにし、その甲斐あって入れ込みも少なくなった大雨の桜花賞では1着、ノーザンテーストにはじめての桜花賞のタイトルをもたらしました。

ソフィァはオークスでなくダービーに挑戦し、大敗しましたが秋にはエリザベス女王杯(当時3才のみ)2400㍍で2着に健闘し、その後はマイルより短い距離中心に活躍を続けました。

App0353 App0403 App0387

84年スワンS13番、マイルCS4番↑

85年スワンSの競争中に無謀な斜行により、転倒し故障し予後不良となりました。

ダイナカールの母として母系としての偉大さを感じる時、この馬が無事であったら、もっと早く降着制度などが整備され無謀な騎乗が排除されていたらと思います。

彼女がいないことは日本競馬にとって大きな損失といえると思うのです。落馬以外では失格にならない当時では無謀な斜行は当たり前、騎手の技術も向上せず、徒弟制度の悪い面がはびこり、自分勝手とも言える騎乗が競争ばかりかこういう事故などにより素質の高い馬を失うことになることに無関心で、それが日本競馬の全体のレベルを下げていることに気づかなかった時代でした。

彼女は好みを超えて関西競馬ファンに慕われた馬でした。

私はこの日ルドルフを見るために東京にいましたが、京都にいた友人は涙が止まらずに競馬場から帰れなかったと言います。

83otdainak04 83otdaina03 83otdainak01

83年桜花賞TR↑

ダイナカールは、桜花賞を出遅れて追い込みきれず3着に敗れ、大激戦となったオークスを勝ちます。セントライト記念ではメジロハイネとともに牡馬に圧勝してしまい、このまま菊花賞に出てきたらシービーの三冠がやばいんじゃないかと思わせるくらいでした。

血統にガーサントが母系に入っており、それが分かりやすいくらい気が強い感じで、どう猛な感じがしたのを憶えています。

83ot01 83ot02

桜花賞TR、7ダスゲニー1着、2着カール、3着ソフィア

子供にエアグルーブ、孫にアドマイヤグルーブがいるだけでもたいした母馬になるのでしょうが、活躍馬はこれにとどまらず、毎年のようにセレクトセールでは高額がつけられ、社台関連の一口馬主の募集では絶対一次募集で完売と時代のトレンドとして生き続けているのが素晴らしいと思います。

96tyuag1 App3025

上、エアグルーブ 下、アドマイヤグルーブ

ルドルフやビゼンニシキがサイアーラインの3代目としてG1勝ち馬を出しているように、優れた世代のトップの馬はそれだけ血統表の中に残るだけの能力を持ち合わせているのだと思います。

メジロハイネ↓桜花賞TR

83otm03

« カツラギエース 84年 第4回ジャパンカップ 大逆転という能力開花 | トップページ | 91年ラジオたんぱ杯3才S ノーザンコンダクト  »

すばらしき名馬達 80~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャダイソフィアとダイナカール (83年牝馬クラシック):

« カツラギエース 84年 第4回ジャパンカップ 大逆転という能力開花 | トップページ | 91年ラジオたんぱ杯3才S ノーザンコンダクト  »