2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« ミホシンザン 85年菊花賞 87年天皇賞春 伝わるべき気骨 | トップページ | モンテプリンス 憧れと苛立ちと »

メジロマックイーンMeijro Mcqueen 「その2 王道編」

App3727

92年天皇賞春

90年菊花賞を勝った後、マックイーンは約束されていたように成長して長距離のレースに圧勝を続け、王道を歩いていきます。

コンビは武豊騎手に変わり、メジロアサマからメジロティターン、メジロマックイーンへの3代続けての天皇賞制覇を91年に達成します。

App2657 App2654

App2653

91年阪神大賞典(中京で施行)↑

91年天皇賞春↓

App3749 App3752 App38198 

次走、京都の宝塚記念をメジロライアンに負けてしまい、秋は大外枠から圧勝したはずの天皇賞が発走直後の切れ込み方で進路妨害になり失格、JC3着、有馬2着で勝ちきれず、その年を終わります。

91年宝塚記念↓

Taka913 Taka91mc2 Taka915

天皇賞制覇で燃え尽きたとの風評もたちましたが、次の年5才になって3月、雨の阪神大賞典で圧勝し不安説を一掃しています。

なんと言ってもこの勝った後の嬉しそうな顔!長距離で強い馬は、なんと言っても走ることが好き。加えて勝つことがもっと好きなのだろうと思います。

92hdmmc11_2 92hdmmc4 92hdmmc2

92年阪神大賞典

5才春の92年天皇賞は連覇がかかりまた4才でここまで無敗のトウカイテイオーとの対決、スタンド部分は何処をとってもホントのギッシリ一杯でした。このころが競馬人気のピークだったかもしれません。ほとんどのチャンネルのどのワイドショーのトップの話題もこの対決でした。

App3726

92年天皇賞↑↓

ルドルフの産駒で無敗のトウカイテイオーのカリスマ性が、休養明けの前走のサンケイ大阪杯の楽勝でより強調されたため、親子3代天皇賞制覇の威光もかすんでしまうほどでした。

レースは常に先手先手をとっての圧勝で、王者として意地を見せた見事な春の天皇賞連覇でした。強い王者がらしいレースして、納得の結果がでたレースでした。

場内ではいつまでも、コールが鳴りやみませんでした。

92tstt04

(以降その3へ)

« ミホシンザン 85年菊花賞 87年天皇賞春 伝わるべき気骨 | トップページ | モンテプリンス 憧れと苛立ちと »

すばらしき名馬達 90~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メジロマックイーンMeijro Mcqueen 「その2 王道編」:

« ミホシンザン 85年菊花賞 87年天皇賞春 伝わるべき気骨 | トップページ | モンテプリンス 憧れと苛立ちと »