2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 歩いて勝った 85年日経賞 シンボリルドルフ | トップページ | 凱旋門賞馬 トニービンTony Bin »

そんならウォッカはどうなの!

Img_2302

Img_2190

アストンマーチャンがスプリンターズSを快勝!前日近親で一口馬主のブリュンヒルトが、道悪の良くないタキオン産駒でありながら、二走続けて札幌の道悪なり、重い馬場をこな

しましたから、ひょっとしたら近親の彼女もと思いましたが、全く馬場を気にせず、中山の初の急坂も止まらずに見事な逃げ切りでした。3才牝馬がこの時期に凄いと思います。

ダイワスカーレットもトライアルを圧勝していますし、そんならウォッカはもっと凄いことできるはずなんでしょうか。

間隔を開けた、エルフィンS、ダービーが大楽勝で、間隔を詰めた桜花賞が少し堅い走りをしての2着ですから、間隔を開けて使う方が良いのは明らかですが、アクシデントも中間あり、どうでしょうか。

潤んだ瞳が魅力的な彼女の豪快な走りをまた秋も見てみたいです。

(写真は2月のエルフィンステークスから、パドック、入場、返し馬、ゴール前)

Img_2180

Img_2183_2 Img_2226 Img_2240 Img_2254 Img_2256 Img_2275 Img_2276 Img_2278 

« 歩いて勝った 85年日経賞 シンボリルドルフ | トップページ | 凱旋門賞馬 トニービンTony Bin »

すばらしき名馬達 06~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そんならウォッカはどうなの!:

« 歩いて勝った 85年日経賞 シンボリルドルフ | トップページ | 凱旋門賞馬 トニービンTony Bin »