2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

最近のトラックバック

「夏がきた!アスコットに燃える男が爆発だ!」バーニーロイBarney Roy(セントジェイムスパレスS1着)

2017_05_06_img_9999_163201705

最高気温30度が続くロンドン。日本より熱いのがなんだか不思議です。なにしろ私が行った5月はじめが15度の連続、そこから40日もかからずに今度は30度の連続、今度は熱さとの戦いが、馬にもいわゆるロイヤルアスコットのファッションをした観客にも求められます。北海道から帰ってきての寒暖との差にも時々戸惑うのに、特に馬は大変でしょう。そのせいか、アイルランド勢が苦戦しているような。
 
注目された1日目の牡馬マイルの1戦は、単勝2倍を切るチャーチルが4着に敗れ、2000ギニー2着のバーニーロイが雪辱。
 
バーニーロイはニューマーケット調教で、熱くなったのには、チャーチルなどアイルランドから来る馬と比べてみても、少しは耐えられるでしょう。その分も着差に出たのかもしれませんが圧勝でした。

2017_05_06_img_9999_1672017two_thou

レースは、古馬マイルより1秒遅く(コースが違うかもしれませんが)逃げた馬が残っているので、スローペースで最後は2000ギニー1,2着馬のキレ比べ、でバーニーロイをマークしてスパートしたチャーチルが、バーニーロイに追いつけずのキレ負け、バーニーロイが勝ったという内容だったと。

2017_05_06_img_9999_85201705

バーニーロイは、ニューマーケットの2000ギニーで見た時には活気がありすぎて、レースで勝つことに意義を見出しているんじゃないかって素振りに、ひょっとしたら勝つのは彼じゃないのかって思ったんだけれど、チャーチルの発している何かがその時凄くて、やっぱりこっちかなと思ったのです。
だけれど彼の筋肉の凄さが脳裏に焼き付いており、勝たれてみると、やっぱりなって気が今となっては後付けにしかならないけれどしています。

2017_05_06_img_9999_93201705

バーニーロイの血統は、というかヨーロッパの馬たちは、日本のサンデーがどうとか、ヘイローのクロスがどうとか言うのではなく、ノーザンダンサー系の大種牡馬の3×3、とか、4代目までに、大種牡馬をいくつ入れられるのかとか、そういうものを大事にして、母馬の個性も大事にしながら、作っているルのではないでしょうか。
 
そのほうが日本より大らかさ、自由さを感じるのです。とくに募集馬のツアーが終わって、サンデーがどうとかストームキャットがどうとか重箱が大好きになっているときには余計に。

「迷ったけど」社台ツアーより、スターシップトラッフルズの16、タピッツフライの16、ギミーシェルターの16

201705201705

(スターシップトラッフズの16)
全米のトップ種牡馬タピット、これがわからない。父タピットだと非常に柔らかくて、窮屈な感じがないような感じ、母父になると筋肉質。。もうちょっと自分には時間が。
スターシップとラッフルズの16は、本当に柔らかくスッと立っているのがちょっと他とは違う感じがしたものの、お値段が。。ダートだと思うし。。種牡馬価値って言っても、兄妹が結果を残しているディープ産駒の重賞勝ち馬が海外や後進国を含めて種牡馬として流通できない現状を日本の脆弱性だとすると、考えてしまって。。でも馬は素晴らしい。

2017_06_11_img_9999_25201705

(タピッツフライの16)
非常に筋肉質的な馬でした。囲まれても平然。

1201705201705

(ギミーシェルターの16)
馬格もあって、動きも現時点では良いような。歩かせてみてもらうと大体よく見えるけれど、ローエングリン産駒がこの時点でどうかとかを全く記憶していない自分に残念。。

「人だかりのあとさき」社台ツアーより、ドナブリーニの16、ソベラニアの16、プラージュの16

2017_06_11_img_9999_28201705_2

(ドナブリーニの16)
ツアーに行って、人だかりがあって、馬の名前と血統がわからない、自分の不勉強さを思い知らされるのもツアーの良いところというか。
ドナブリーニの16は、聞いた話だと兄妹ここまではあんまり変わらないデキで来ていて、この後変わってきて、適性も出てきてになる感じなのだとか、だからここで馬体をみて凄い将来を予想できる人は、この系統ではいないに等しいのかもしれませんが、目をひく馬体ではありました。

2017_06_11_img_9999_100201705

(ソベラニアの16)
毎年、人だかりができているような。でも関東なので。今年も人だかり。みんな満足そう。

2017_06_11_img_9999_113201705

(プラージュの16)
コロッとした形なのに、背が長くてカッコは良い馬で、毛色も明るくて、幅もあって、脚の太さも。。。常に人がいましたね。
 

「誤解か錯覚か」社台ツアーよりアドマイヤセプターの16、ドナウブルーの16

 

2017_06_11_img_9999_39201705201705

(アドマイヤセプターの16)
さて、写真の兼用のデジカメ、それにデジタル一眼の2台体制で挑んだ今回のツアー、デジカメの動画機能と防水機能には驚かされ助けられました。下のドナウブルーの16は動画からプリントスクリーン→JpeG変換(フリーソフトで)→トリミング→リサイズを行っています。
アドマイヤセプターの16は、初仔であることで、体重が云々されますが、母は444キロで札幌デビューですから、それと比べるとそんなに小さくないのかもしれません。その点では、一般論的な弱さはなんとかクリアしているのかもしれません。
母セプターは、500キロ弱の馬であった記憶が結構たくさんの人にあるように、年月を重ねるに従い、40キロ程度体重が増えています。父がハービンジャーですから、デビューしてから体重が母と同じように増え続けるかは疑問ですが、小さくはないのかと。

123201705201705

(ドナウブルーの16)
ドナウブルーの16は、もっと流線型のバランスの良い、カッコ良い馬を創造していたので、角ばった形にガッカリしてしまったのですが、考えるとこれはカタログ時から成長していたからこうなったんだろうというのが正解だろうと現在思い直して、考え直しているところです。
ウーンそれにしても毎年難解ですねぇ。大レースの前にインタビューを受けるイギリスの名調教師ジョン、ゴスデンが、毎度毎度ノーザンファームのキャップを被っている理由がなんなのかを考えるよりはるかに難しい。。。ウーン。。。

「12.5か25か日曜日の憂鬱」社台ツアーより、スキッフルの16、タンタスエルテの16

2017_06_11_img_9999_80201705

(スキッフルの16)
ネタも尽きてきました。ちょっと気になっているのが、この馬というか、サンデーサイレンス4代目の産駒たち、オルフェーヴル、ドリームジャーニー、ジャスタウエイ、ディープブリランテの産駒たち。
いわば12.5%のサンデーの血量になります。ディープインパクト産駒は3代目なので25%、この差は大きいというか、4代目の馬たちを見るときは、見る視点も変えてこなければならないというか。残り87.5%が他の要素なわけで。。
スキッフルの16もそんな馬。。素晴らしいけれど、それがね。

2017_06_11_img_9999_86201705

(タンタスエルテの16)
これは、素晴らしい馬という表現がピッタリ、後ろ脚の造りは、いわゆる目利きさんが言うところのステイヤーのものでしょう。後の祭り的なことで言えば、新馬を勝つレベルのスピードがあったら、凄い結果がついてくるかもしれません。と夢が膨らむだけ膨らんで。150万。。。シッツレイシマシタ。

「おさらい」社台ツアーより、スタセリタの16、レインボーダリアの16、オーサムフェザーの16

Img_2892201705

(スタセリタの16)
もう一枚あったスタセリタの16です。これが雨の日の最初の方の一枚です。
それで、最後の方が、次の一枚。

Img_2958201705

(レインボーダリアの16)
大雨の日のツアー1日目の最後の方は、雨に人もカメラも疲れている様子がわかると思いますが、逆に馬は丸みを帯びた馬体、どこかしら母を思い出す感じ、活気もありました。

Img_3009201705

(オーサムフェザーの16)
最後は、結構評判は高かった1頭、オーサムフェザーの16です。評判を聞いてから見ましたが、先入観差し引きしても良い馬でした。

「話題か堅実か大化けか」グルヴェイグの16、キャッチータイトルの16、ハッピーパスの16、ロッシェノワールの16

1201705201705

(グルヴェイグの16)
今回の1番人気グルヴェイグの16。何年前かハービンジャーが新馬から走ったもんで、ノーザンFはそれなりに良い繁殖をハービンジャーにつけたって聞いたことがあるんですが、それがグルヴェイグの16だったのかと。
いわばペルシアンナイトをもっと筋肉質にそして鋭敏にした感じです。それがどう出るかはわかりませんが。日本で力が違って、ディープが入っていて、欧州血統なら、欧州でも勝てるとの評価なんでしょうか。
 
それから、お願いなんですが、馬名に「グル」は入れないんでほしいんです。いまでもサリン事件をはじめ忌まわしい事件やいまでも続くその活動に苦しんでいる方はたくさんおられます。マスコミをにぎわすだろう馬に人の苦痛を含んではいけません。馬名は文化の一端と言いながら母親の名前をこういう名前にしてしまったことは本当に残念です。ですから必ずそれはお願いします。

2017_06_11_img_9999_162201705

(キャッチータイトルの16)
名馬と名馬の母との組み合わせ、果たしてどんな結果になるのでしょうか、馬体はどっしりとしている割には重さを感じないような。。

2017_06_11_img_9999_228201705

(ハッピーパスの16)
兄妹と比べると小さいのだとか、形は凄く良く見えました。小さいというだけで少し上に比べると放牧地では人気がなかったかな。なにしろ写真も取れませんでしたから上の馬たちは。。

2017_06_11_img_9999_163201705

(ロッシェノワールの16)
ブラックタイドの産駒で話題性が十分ですが、ブラックタイド自体デビューした時には大物と騒がれていましたから、それが受け継がれれば馬体、動きが良い産駒が出てきて当然と思います。母親のロッシェノワールも厩舎では重賞くらい勝てるんじゃと思っていた素材だったそうです。軽さがあって、脚が重くなく、良く見えました。
 
 

「今年は大人しかったオルフェ産駒」ミュージカルウエイの16、エアトゥーレの16、ワイルドフラッパーの16、タイユドゲップの16、

2017_06_11_img_9999_43201705

(ミュージカルウェイの16)
前年、暴れだしたら止まらない感じがして、参加者に恐怖のアトラクションの疑似体験をさせた感のあるオルフェーヴル産駒。今年は普通でした。ただ、2日目晴れた日には馬っ気を出している馬が多いのもオルフェ産駒の特徴ではありました。そのため写真が載せられないと。。
ミュージカルウエイの16は牝馬です、ボリュームがあり歩くのが早くて大きくて、体調も良さそうで、ずっと人気でした。

2017_06_10_img_9999_114201705

(エアトゥーレの16)
いわばなるほど納得できるデキではありました。ただ芦毛なもんで、雨が降られるとどうなんだろうっていう感じではありました。これも池江厩舎。

2017_06_10_img_9999_98201705

(ワイルドフラッパー16)
胴長で、逞しいのが印象的、雨の中でもピカピカしていて。

2017_06_10_img_9999_34201705

(タイユドゲップの16)
先入観からかこの馬は雨が大好きなんだろうって思ってしまうんですが、やっぱりそんな感じはしました。弱いところがまだあるんでとのお話も聞けましたが、人気は高く、歩きも力強くて。
 

「雨に咲く花」社台ツアーより、パイタ16、アプリコットフィズの16、ヴェルダの16、ミラクルレジェンドの16、オンブルリジェールの16

2017_06_10_img_9999_87201705

(パイタの16)
社台ツアーの雨の中、撮っては見てすぐ移動で何とか雨を極力意識しないようにしてみたもののあまり良く覚えていません。有効だったのはデジカメで撮った動画です。自分の声入りなんで公開できませんが。馬の名前以外は相変わらず馬鹿言いっぱなしです。
パイタの16は、カタログよりグンと成長した感じです。藤原厩舎に行くのがなんでだろうが、ツアーの話題でした。答えは誰も知りませんでしたが。

2017_06_10_img_9999_136201705

(アプリコットフィズの16)
この馬は、ノヴェリスト産駒としては、柔らかく母系が出ている感じもあり、それがどうなのかはわからないけれど、毛艶は良かった。

2017_06_10_img_9999_74201705

(ヴェルダの16)
この馬は終始軽い動きでした。バランスは良い馬で、厩舎も良い。これ以上は憶えていないというか、次に憶えているのが風がこの時ものすごく強かったなんです。
 
201705201705
 
(ミラクルレジェンドの16)
自分は、この毛色が好きなのかもしれません。凄く良く見えました。思っていたよりボリュームがあるけれどバランスは良いと。

2017_06_10_img_9999_45201705

(オンブルリジェールの16)
G1募集です。姉を抽選で外して、重賞勝たれた時は、弱小の悲哀を思い切り感じたもんです。毛艶が良くて体調が良さそう、カッコよく見せるのはこの母系の特徴。
 

「リーダーボードの面々」社台ツアーより、アナスタシアブルー16、アイルビーバウンドの16、プラウドスペルの16

2017_06_11_img_9999_177201705

(アナスタシアブルーの16)

さて、人気の途中経過が始まって、改めて撮った写真を見ているところ、放牧しているので、脚が浮腫んで太く見えるなんてこともあるそうで、脚を触ってどうのこうのはひょっとしたら、意味がないのかも。。
アナスタシアブルーの16は柔らかい印象で無駄のない速さのある歩きで。母の劇的な熱を感じる勝利を憶えているものにとっては、なんだか馬体を見ているだけで熱く感じる場面もあって。。

2017_06_11_img_9999_182201705

(プラウドスペルの16)
プラウドスペル16はさすがと思うもの総額1.5億の値段が異次元。。この価格帯は本当のお金持ちが、人気を確かめながら、高いのばかりを組み合わせてくるため現在は人気がないように見えているだけ。。

2017_06_11_img_9999_193201705

(アイルビーバウンドの16)
アイルビーバウンドの16は、カタログ通りのいい馬、価格が65万だけに人気があって、やっぱりこれも買えない。。。
弱小は辛いを思い知らされる募集期間。。ならなんでツアーに行ってるんだって。それは、関西馬で第二次募集でなんとか参加できる馬をなんとかしようと思っているだけ。。はぁー。。

«「魅力か歴史か直感か」社台ツアーよりフランケル産駒、ブエナビスタの16